食品ロスとは?日本とSDGsに影響と対策

食品ロス(Food Loss and Waste)は、食品が生産、流通、消費の各段階で無駄になる現象を指します。これは、食品が廃棄されるか、食べ物として消費されずに廃棄されることを含みます。食品ロスは食料品の無駄な消費、資源の浪費、環境への負荷増加など、さまざまな問題を引き起こします。

日本においても食品ロスは深刻な問題であり、SDGsへの影響が大きいと言えます。以下は、食品ロスが日本とSDGsに与える影響と対策の一部です:

  • 飢餓と栄養不良(SDG 2): 食品ロスは飢餓や栄養不良を引き起こす原因となります。同時に、世界中にある飢餓と栄養不良に対抗するために食品を効率的に利用することが、SDG 2の達成に貢献します。
  • 資源の持続可能な利用(SDG 12): 食品ロスは資源の無駄な使用を促進し、環境への負荷を増加させます。SDG 12では持続可能な消費と生産を奨励し、資源の効率的な利用を目指しています。
  • 気候変動への対策(SDG 13): 食品ロスによって生じる温室ガス排出が気候変動を悪化させます。SDG 13では、温室ガス排出の削減を目指し、気候変動に対抗します。
  • 持続可能な都市とコミュニティ(SDG 11): 都市部では食品ロスが大きな問題であり、SDG 11では持続可能な都市開発とコミュニティへの支援が重要視されています。食品ロス削減は都市における持続可能な開発の一環です。

対策として、以下のような取り組みが行われています:

  • 食品ロス削減の啓発: 消費者や事業者に対して、食品の適切な保存や購買計画の重要性を啓発するキャンペーンが行われています。
  • 食品バンクの設立: 食品ロスを最小限に抑えるために、食品を回収し、必要な人々に提供する食品バンクが設立されています。
  • 生産段階での効率化: 農業や漁業において、生産段階からの食品ロス削減策が採用されています。例えば、余剰作物の寄付や食品ロスの最小化に向けた技術の導入などが含まれます。

食品ロスの削減は、食品の効率的な利用、資源の節約、社会的・環境的な持続可能性の向上に貢献し、SDGsの多くの目標に対する重要な一環です。